第41期 経営計画書

第41期は、以下の経営方針により運営してまいります。
<第41期 テーマ>
 「存続」
引き続き存在し続けて行くために、従業員全員で以下の改革を推し進めます。

<コロナ渦からの立て直しのために今期行う「4本の柱」について>
コロナ渦=有事のトップダウンを4本の柱で示し、コロナ危機を乗り越えていくと同時に将来に向けた種まきをしてまいります。
1本目の柱 【働き方改革】  5項目
2本目の柱 【売り方改革】  4項目
3本目の柱 【作り方改革】 16項目
4本目の柱 【リスク改革】  3項目

<不変的に行う「対処すべき課題」>
①労働安全労災ゼロ【安全衛生委員会】
②品質保証(国際認証)「本社工場FSSC22000」「観音寺工場ISO22000」
③本物のおいしさをお客様にお届けする【営業・開発の強化/商品政策と経路政策】
④安全安心で安定した原材料の調達
⑤5S・VM活動【5S委員会】
⑥人材育成と職場環境づくり【モチベーション・生きがい・やりがい】
⑦生産性向上とIT化【情報化推進計画プロジェクト】
⑧環境問題への取り組み【省エネ対策推進委員会】
⑨設備投資計画
⑩ グループ垂直経営によるシナジー

これらの方針により、コロナ危機を乗り越え、目標を達成するために全員で取り組んでまいります。
サヌキ畜産フーズグループにご期待ください。